無料ブログはココログ
2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 集団討議法 | トップページ | H26年度春学期担当講座紹介 »

論理的思考法

論理学 :論理学は思考や論証の形式あるいは法則を研究する学問です。

命題: 1つの判断または主張を表わす文章でこれが真(True)であるか偽(False)であるか判断できるものをいいます。だから、「モーツアルトの音楽は楽しい」、「彼女は美しい」は命題ではない。「命題」とは真偽が決まるものをいいます.命題論理では命題の内容には立ち入らないで,その真、偽のみに注目します。

命題変数: 論理学では「箱Aの中に白玉が入っている」,「箱Bの中に赤玉が入っている」,「箱Cに紫玉が入っている」,というような基本的な命題を文字(変数)a,b,c ,p,q,r,A,B,C,P,Q,Rなどのアルファベットで代用します.これらの命題変数は真(True、T、1)か偽(False 、F, 0)の二値のみをとるものとします。

命題の合成: いくつかの命題を組み合わせたり、あるいは命題を否定してできる命題を合成命題(複合命題)といい、もとの個々の命題を単純命題といいます。

論理演算子、結合子 :論理演算子、論理結合子と呼ばれる記号 ①・(連言あるいは論理積) ②∨(選言あるいは論理和) ③¬(否定) ④→(条件文)があります。これらはそれぞれ「かつ」,「または」,「でない」,「ならば」という意味をもちます。 補足: 否定記号⌐、-.JPG

論理演算子の使い方・意味:論理積・連言・:P・Q、PかつandQ 論理和・選言∨:P∨Q、PまたはorQ 否定¬:¬P、Pでないnot  条件文→:P→Q、PならばQ if P ,then Q

真理表:

shinri.JPG

ド・モルガンの法則 :論理和 、論理積 、否定 の論理記号を使って記述すると、このように表現できます。

①¬(PVQ)=¬P・¬Q、

②¬(P・Q)=¬PV¬Q

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

①(not (P or Q)) = ((not P) and (not Q))

②(not (P and Q)) = ((not P) or (not Q))

条件文: 命題A:「PならばQ」において、Pが偽であるならば、Qが真であっても偽であっても、命題Aは真になる。Pが真で、Qが偽のときのみP→Qは偽になる。理解し辛いところは、仮定Pが偽ならば、結論Qの真偽に関わらず、P → Q が真になるところです。 このことを理解するために、ある父親が「明日晴れたら遊園地に連れて行ってやるよ」と子供と約束したとする、場面を考えてください。明日、 ①晴れ(T)て遊園地に連れていった(T)としたら、正直な良い父親(T)です。 ②晴れた(T)のに遊園地に連れていかなかった(F)としたら、嘘つき(F)父親です。 ③もし雨が降った(F)のに遊園地に連れて行ってくれたら(T)父親に対して子供はどう思うでしょう?いやな父親ではあるが、嘘つきではない(T)ですよね~。(記号⊃を→に変えてください) ④雨が降った(F)から遊園地に連れて行かなかった(F)、としたら、問題はなく普通(T)の父親です。雨が降ったときは、遊園地に連れていっても連れていなかくても、間違いではないですよねぇ~。簡易的に下図のように理解して下さい。 m_if.bmp

逆・裏・対偶:

kankei.JPG

P→Qの対偶は¬Q→¬P で、

P→Q=¬Q→¬P が成立する。

必要条件、十分条件: Pが真で、「P → Q」 が真である時 、「P⇒Q」と書き、P は Q である為の十分条件 といい, Q はP であるための必要条件 といいます。(図式的に書けば、十分条件 ・・・・>必要条件)

全称命題・特称命題: 全称命題:すべて(any,all) の x について,P(x) が成立する。特称命題:ある (some) x が存在して,P(x) が成立する。

結論:相手に受け入れてほしい主張

前提: 結論を支える証拠や理由。

議論: 議論=前提+結論  

演繹(えんえき)的推論: 演繹は、一般的・普遍的な前提からより個別的・特殊的な結論を得る推論方法です。 演繹的推論は、前提が真であれば(健全であれば)、必ず結論は真になります 。

帰納(きのう)的推論 :個別的・特殊的な事例から一般的・普遍的な規則を見出そうとする推論方法のこと。対義語は演繹法。 演繹においては前提が真であれば結論も必然的に真であるが、帰納においては前提が真であるから といって結論が真であることは保証されていません。経済理論が概してそうです.

謬論(びゅうろん) :誤った議論、の事を言います。 ジレンマ 相反する2つの事の板挟みになって、どちらとも決めかねる状態を言います。抜き差しならない羽目の事を言います。ある問題に対して、2つの選択肢が存在し、そのどちらを選んでも何らかの不利益があり、態度を決めかねる状態のことです。

有効な推論 :いくつかの命題が真であることから、他の命題が真であることを結論しうる推論をいいます。(有効でない推論を謬論といいます。)

有効な推論の型:

(1)肯定式

P→Q

P

-------

∴Q

(2)否定式

P→Q

¬Q

--------

∴¬P

(3)仮言(かりげん)3段論法

P→Q  

 Q→R

---------

∴P→R

例文   

論理学例文.JPG

謬論(びゅうろん)の型:

①後件肯定:

前提:もし P ならば Q である。

Q である。

--------------------------

∴結論: P である、

という形式の推論

②前件否定:

前提:もし P ならば Q である。

⌐Pである 。

--------------------------

∴結論: ¬Q 、

という形式の推論。

参考・引用文献:『「正しく」考える方法』 晃洋書房発行 齊藤了文・中村光世著

« 集団討議法 | トップページ | H26年度春学期担当講座紹介 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1164508/39288780

この記事へのトラックバック一覧です: 論理的思考法:

« 集団討議法 | トップページ | H26年度春学期担当講座紹介 »